■測定機器

水分計mdx−1000

畳業務から見た「畳を測定する必要性・重要性

従来の和風建築は、室内の温度が外の温度より5〜6℃も高ければ、無風状態でも1時間に3回程度の空気の 入れ替えが自然に行われていました。しかし、近年の高度に断熱気密化された住宅や、鉄筋コンクリート建築でアルミサッシを用いた 建物の換気回数は、0.2〜0.3回/時間程度まで低下し、従来の建物のそれと比べて10〜12分の1以 下になっています。しかし、住宅構造や住まい方が変わっていても、自然素材である畳の機能が、健康な生 活を支えるべきであると考えます。

見えない湿度・温度・結露・ダニ・カビを測定、提案することが大切です。

いまや健康産業は、伸張著しい業種として脚光を浴びております。測定キットは単にクレーム処理としての利 用にとどまらず、お客様にデータ数値や映像をお見せすることで、確たる信頼を得ることができ、差別化を図る ばかりか、より広い業務を繰り広げることができます。又、測定キットは誰でも簡単に使える商品だけを取り 揃えており、お客様を待たせず、すぐ結果を提示できます。

測定キットでより幅広い業務へ

畳に使用できる健康アイテムの提案施工(活性炭シート・竹炭シート・ダニシラズシート・その他) 床下ファン・床下炭・クロス・ふすま・障子・ハウスクリーニング・布団丸洗い・結露対策工事・その他 乾燥機・乾燥車による畳乾燥(畳干し)・布団乾燥・その他

温・湿度露点計
C-HT-605
風速・温度・風量計
C-WT-405-V1
表面・中心温度計
(非接触式+接触式)
 TESTO-826-T4
顕微鏡MS-40
 40倍/140倍切替
ライトスコープ
 MSP1-1000V
  3.500画素 
ホルムアルデヒド
 検知器(デジタル)
・ホルムアルデヒド
 検知管(アナログ)
 採取器含む
アカレックステスト
 ダニの量を色で
判断(採取袋付き)


 1.アトピー「かゆみを伴った慢性の湿疹」
 2.ぜん息「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」といった息づかい
   (ぜんめい)を伴った咳が出て、呼吸がくるしくなります。
   ぜん息の場合、アレルゲンとしてはダニやハウスダスト、
   カビが多く、患者さんのうち、小児では80〜90%、
   成人で50〜60%の人がこれらに対する過敏症です。

戻る

協力者:シーエステック  問い合わせは、TEL 075-323-6226