戻る
      

TOP  14年6月  14年7月  14年8月  14年9月  14年10月  14年11月  14年12月

総合1 湿度  総合2 畳水分 総合3 畳床別畳水分


4種類の畳床で畳水分量を測定
 ワラ・ワラサンド・オールボード・ワラ(不織布)


床別水分調査
●序論 




測定方法 「畳LIFE STYLE」の定める畳水分調査マニュアルに基づき測定を行なった
測定時間は概ね午後12時30分。
天候、気温、湿度、露点温度、畳水分量、窓の開閉状態を測定、記録した。
測定装置 湿度計「ltest 605-H1」 水分計「MDX-1000」

2. 測定結果
  別に示す。

●結論と考察

4種類の畳床すべて湿度の変化におおむね比例して 畳の水分量が変化している。 水分量の推移の度合いはオールボードが繊細に反応していると言える。
また、窓を開けて換気状態にある時のオールボードの測定値は 他の畳床と比べて水分量が少ない値を示している。吸湿率(スピード) は他の畳床よりも高いが、換気の良い部屋にオールボードを使用する事によって 放湿性能をより高めることが期待でき、含水量は低く抑えられる。

ワラサンドは他の畳床よりも若干高めに推移している。
これは、水分をフォーム上部の少ないワラで吸収してししまうからと考えます。
また、放出する際にフォームで下部からの放出が妨げられるのが原因と考えられる。
逆に下部からの湿気はフォームによって遮断され床下の湿気による水分量の増加を 防ぐ事ができると予測します。この件に関しては今後の調査の課題となります。

不織布による包み込み加工は防虫剤を使わない、 物理的な防虫加工として行なっています。
通気性のある素材を使う事によって加工していない場合と ほぼ同じ程度の測定値が得られています。
畳床の吸放湿性能を妨げる事無く、防虫効果を高める方法として 健康面、安全面からも有効と考えます。

今回の調査は畳床に対して優劣をつける為に行なったものではなく 結果はそれぞれの畳床の特性と理解するべきです。また、畳表も吸放湿の性能を有し ます。この結果をもとに用途にあった畳を吸放湿性能の観点から 消費者に提案できることを期待します。

さらに今後の課題として、畳が部屋の湿度を調整するほどの 吸放湿性を有するかどうかの調査が必要である。

協力者 : 清水畳店