カツオブシムシ

カツオブシムシ成虫

成虫:体長約4.5mm 赤褐色から黒褐色
幼虫:体長約9mm)黄褐色から茶褐色

ヒメカツオブシムシ、通常年1回の発生で、幼虫で越冬して、3〜5月に蛹化し、5〜6月に成虫になり、幼虫期間は両者とも長く、300 日に達します。
幼虫は加害物や貯蔵庫の隙間などに潜入して休眠し、越年する。幼虫の期間中、衣類を食べ続けているわけでなく、ある一定の大きさになるとほとんど食べなくなります。ヒメカツオブシムシでは9月頃から食べる量ががたんと落ちます。しかし、それ以前の時期の食べ方は激しく、多い時は1週間に自分の体重の2〜3倍量も食べるそうです。
カツオブシムシは、名前のとおり乾燥した食品を餌にしています。人間に対し刺咬する事もありませんので、それほど神経質になる必要は無いと思います。
畳などの隙間から出てきたりしたのは、畳の隙間に食品が貯まり、それを餌にして育ったものと推定されます。よくゴミを掃除機等で吸い取ってしまえば、カツオブシムシの発生は止まるはずです。 成虫はダルマ型で黒褐色になる。

乾燥食品類は、しっかりした容器に収納して産卵をさせないようにします。
食べ物をこぼさないようにして、よく掃除をする。


カツオブシムシ幼虫

画像提供者:大矢畳店

戻る