縄文時代 ●竪穴式住居藁式のあと
弥生時代 ●北九州の甕棺埋葬にムシロ使用
古墳時代 ●藁をコモ、ムシロ、ツカナミなどに加工
●高床式住居では、敷物、ムシロなどが使用された
●奈良:墓山古墳、岡山:金蔵山古墳でムシロ使用
飛鳥時代 ●中国正史『随所』『東夷伝』倭国之条に「草を編みて薦」となす、雑皮を表と為し縁るに文皮を持ってす」と畳の原形の記載
奈良時代 ●(飛鳥奈良時代)に畳の専門技術者が育成される。
●「古事記」中に菅畳、皮畳、施畳の記述
●「日本書紀」に八重席薦(やえむしろこも)の記載
●畳に厚みが加えられ調度品としての置き畳が使われる
●帳台構えとしての寝所に厚畳が使われている。
●聖武天皇のベットに畳が敷かれる
●『続日本気』の備前の秦刀良(はたのとら)が畳制作の功にて外従五位を賜るとの記載
平安時代 ●(平安・奈良)工匠としての畳技術者が出現する。
●寝殿造りが普及。貴族は畳、庶民はムシロ、コモが一般。
●「延喜式」に広席、狭席、短畳や位による畳の規定
●身分によって畳の大きさ・厚み・ヘリの色柄を決めた
●『枕草子』清少納言に「御座というたたみのさまして、高麗などいと清やか」や「ひとひらの畳」などの記載
●後白河院が備後国河北荘へ畳御座などの献納を命ずる
●『古今物語』に藺笠などのイグサ製品記載。
鎌倉時代 ●畳から布団が分化する
●武家屋敷の畳が敷き込まれる
室町時代 ●室町時代に小部屋割が行われ畳の敷き詰めが定着してくる。
●村田珠光が書院台子の式事を定める
●珠光真の四畳半茶室形式を始める
●綿布団が普及、町屋農家にも畳の敷き詰めが浸透する
●武野紹鴎による行の四畳半茶室
●(室町)畳表の安定的成長期に入る
●大阪に畳屋町が出現した
●『海人藻芥』に身分・位階による畳縁の使用規定
安土桃山時代 ●(安土桃山)城郭や城下町の整備などの流行で各都市に畳屋町が作られる
●安土城行幸の間に備後表使用
●千利休草の四畳半茶室
●茶道の隆盛で畳の様式化・定法化が進む
江戸時代 ●広島藩主福島正則が畳表3500枚を献上
●広島山南村長谷川右衛門が中継ぎ表発明
●(17世紀)畳割建物の登場
●数寄屋造りの普及で、畳割による建築モジュール化で畳が重要視される
●元禄時代、畳奉公が出現
●幕府畳表9000枚買い上げる
●江戸、大阪で畳表の仲間組合での交流盛んとなる
●広島藩宮崎安貞の「農業全書」にイグサ栽培法記載
●封建制の徹底で職域の専団化が計られ身分統制的制度が設けられ機能が確立、1畳屋、2畳刺、3手間取、職人、5出居家、6弟子など、6階級の身分制が出来上がった
●名藩の特産物として畳床が登場
●畳組合「座」が設立
明治時代 ●文明開化により畳の上に椅子などが持ち込まれた
●中流層でも書院造り風の座敷の拡大傾向が現れた
●間取り構成の上で床の間付き6畳間、8畳間の座敷造作が一般化し始めた
●需要の拡大により麻布縁に替る綿糸縁が生産され大正記より光輝縁として一般化した
●畳床を作る製畳機が一部実用化された
●産業革命により人口の都市集中が始まり、住宅需要が増大して畳が大衆化した。
●文化住宅化、和洋折裏住宅の定着
昭和時代 ●畳を縫い上げる逢着機が開発された
●公団住宅の登場。団地族、ニュータウンの誕生
●昭和48年をピークとした住宅建設ラッシュ
●畳の需要の高まりから、畳逢着機が普及
●中高層マンション時代到来

●労働省所管の畳工の技術検定が始まり1級畳技能士、2級畳技能士などの資格付けが始まる
●畳とこの原料となる稲藁が不足となり大替素材として発砲ポリスチレンフォームの活用が始まる
●住宅建設5カ年計画のもとに畳は新築需要を中心とした受注体制に移行し始めた
●畳床の素材として木質系硬質繊維板としてのインシュレーションボードによる畳床生産が開始
●建築ラッシュなどを背景に畳表が品不足となり、「青いダイヤ」と騒がれた
●新規商品を開発する動きが活発化、ポリプロピレン系などの畳表の工業生産が始まったが、品性面の理由で次第に衰退した
●住宅建設が年間190万戸の達し、機械化導入が進み、手縫い中心から機械縫い中心の生産体制が主流となった
●畳表の生産地が広島・岡山を中心とした備前・備後特産から熊本・福岡・佐賀など九州地方に主産地が移った
●超高層マンションなど和室の少ない間取り構成の造りが増え、テレビ・建築雑誌などで「畳の良さ見直し」が盛んになる
●稲藁畳床の代替え製品の新素材製品が開発され市場での主流品となり、建材畳床として高い市場性を誇るようになってきた
●畳構造の合理化・省力化はコンピューター技術など先端技術の導入でCSラインなど新たな時代を迎えている。
●中国でのイグサ・畳表の生産が増加、その反動で農家のイグサ離れになり、シェアを中国産と二分するまでになった。

戻る