●畳の構成
畳は普通、3っの構成でで来ています。

1、畳の芯(床と言います)
2、畳のゴザ(表と言います)
3、畳のふち(縁と言います)

●表替えとは ?

畳のゴザの部分だけを取替えることです。通常は、4年〜5年で表替えをします。 表(ゴザ)には、太麻、糸引きと大きく分けることができます。太麻は、ゴザの目が詰まっていて厚みが有り丈夫にできています。糸引きの場合、よいものも有ればあまり良くないものも有りますが子供さんや、あまり使わない部屋などでは、十分だと思います。

●裏返しとは?

畳のゴザの部分をはずして裏に替えすものです。裏返しをする場合は、3年位がベストではないかと思います。

●新畳とは?

畳の芯、表、縁などを新しくすべて作ることです。。現在では、藁床の他にも化学畳や薄畳床など色々な床ができていますのでその家の使い方・事情によって畳屋さんに相談すると良いでしょう。

★縁とは

畳のふちの事ですが縁はかなり沢山の種類がありますので部屋や好みに見合った縁を選ぶのが無難だと思います。

最後に表替えや裏返しかわからない場合は、畳屋さんに一度見てもらえば間違えはないと思いますので「見てもらえますか?」と聞けばたいていは見に来てくれると思います。


戻る